鳥嫌いの私でもかわいいいと思うニュージーランドで見れる鳥!キーウィは実際に見てもかわいい?

今日はオークランドCBD内に在住の私が街中で見ることのできる鳥やかわいい鳥を紹介しようと思います。

ニュージーランドを歩いているとかなりの鳥の数をみると思います。

ニュージーランド固有の鳥もたくさんいる鳥天国!?ニュージーランドへ行きましょう。

その前にみなさん鳥は好きですか?

私は鳥が好きではありません。

理由は怖いからです。そのまんまです。笑

そんな私でもかわいいと思える鳥を今回Pick Upして見ました。

キーウィKiwi

キーウィはニュージーランド固有の鳥で、ニュージーランドを代表する国鳥です。

ニュージーランドといえばKiwi Birdを思い浮かべる人が多いかもしれませんね

。ニュージーランド人の愛称はキーウィです。

とてもかわいい響きですよね。

国鳥ですがとてもレアで野生で見れることはそうないでしょう。。。

(野性のKiwi Birdを捕まえると罰金になります。)

キーウィは長くて細いくちばしが特徴で、翼がない鳥!

つまり飛べない鳥です。

飛べない鳥はただの鳥!!

そう、ただの鳥です。

夜行性で視力が弱いが嗅覚がピカイチです。

私がキーウィを見に行ったのはRoturuaのテプイアとオークランド動物園です。

動物園やキーウィを見ることができる施設は暗闇で目を凝らして見ることになります。笑

かわいい!?不思議なかわいいさがあるキーウィですが、基本的に暗くてよく見えません。

よく見えたのならそれはとてもラッキーです。

せっかくニュージーランドにきたら、キーウィ見たいですよね。

ファンテイルFantail

ニュージーランドで見た鳥の中で最もかわいいと思ったのが、ファンテイルです。

小さくて鳴きかたがとてもかわいい!

私がファンテイルを見たのは北島のロトルア観光に行ったときで、今まで見たこともない鳥だと思いました。

人懐っこい鳥で写真には取りやすいかもしれません。

尻尾がFan(扇)のようになっていてとってもかわいい!

ニュージーランドではよく見ることができる鳥なので、ぜひ見てください。

ブラックバードBlackbird

その名の通り黒い体に黄色いくちばしが特徴の鳥。

これは雄の特徴でメスは黄色のくちばしは目立たないそうです。

この鳥は本当によく街中で見かけます。

よく見るので写真にとったことはなかったですね。

日本語ではクロウタドリという。(やっぱりくろと入るんですね。)

トゥイTui

トゥイもニュージーランド固有の鳥です。

そしてトゥイといえば、ニュージーランドを代表するビールを思い浮かべますね。

トゥイは花の蜜を主に食べる鳥です。

主に北島に生息しています。

喉のところの白い丸いのがポンとしてかわいいです。

デボンポートを訪れた時に、トゥイが色々な鳴き声をしているのをみました。

モノマネ上手な鳥!

トゥイは楽器みたいな鳥ですね。

オリジナルの鳴き声は知らないからどれが本当の鳴き声かはわかりません。笑

この鳥は鳴き声も注目して見てください!

イースタンロゼーラEastern Rosella

一目見たら忘れられない鳥・イースタンロゼーラ。

カラフルで美しい鳥!

なんだか見れるとHappyになれる鳥!

ニュージーランドのオリジナルの鳥ではなく、1900年前半にオーストラリアから持ち込まれた鳥で主に北島に生息しています。

オーストラリア滞在中には見たことなかったですが、ニュージーランドで見れてよかったです。

ケレル(マオリ語:Kereru)英名:New Zealand Pigeon

通称:キャミソール(個人的に)

なぜなら彼はキャミソールを着ているみたいだからです。笑

動物園に行ったのに鳥が怖くて近寄れなくて、ベストショットではなくてすみません。

動物園じゃなくても、少しオークランドCBDより外に出るとどこでも見れることができます!

そんなキャミソール(ケレル)がBird of the year2018を獲得しています。

私はまずBird of the yearを知りませんでしたが、名誉な事です。(おそらく)

ぜひ機会があれば2019年Bird of the year投票してみてください。

うまく飛べない鳥。

飛ぶ時もなんだか頼りない。

そしてなんだかうるさい。

なんだかキャミソールの悪口になってしまいましたね。失敬。

まとめ

鳥嫌いが選ぶかわいい鳥はいかがでしたか?

かわいいなと思う鳥はいましたか?

鳥好きな人にとってはニュージーランドは本当に魅力的な場所ですね!

私も鳥好きだったらなーと思います。泣

とにかく色々なところでみれるニュージーランドはいいですね。

または少し遠出して鳥の楽園Tiritiri Matangi Island(ティリティリマタンギ島)でバードウォッチングもいいですね!

今回参考にしたニュージーランドの鳥のことがよくわかるサイトを載せますので、もっとニュージーランドの鳥のことを知りたい方はこちらからどうぞ!

もうしばらく鳥のことを考えるのはやめます。。。

それではまた次回!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

北海道にある人口たった1000人の自然豊かな村で生まれ、12才の時にカナダ留学し海外生活に憧れはじめる。30才手前にやっぱり海外に行きたいと思い5年勤めてた会社を辞め、オーストラリアとニュージーランドでワーホリを経験。フィリピン・オークランドに短期留学し、フィリピンの語学学校でインターン。 海外経験を通してコンパクトに生きることに興味を持った30代ミニマリストが、少ない労力で豊かに生きるための情報を配信中。 考察やイヤスミ大好きなので映画などの作品を紹介しています。