感動の絶景「青の池」北海道にこんな神秘的な場所あったんだ

 

こんにちは、北海道観光が好きなSakpirka(サクピリカ)です。

今回は北海道の美瑛町の「白金の青い池」について書いていきたいと思います。

口コミで「本当に青くて感動!」「1度は見たい北海道の絶景」と話題の人気観光スポットです。

 

  • 青の池はなぜ青く見える?
  • きれいな写真を撮るには?
  • ベストシーズンは?

など気になることを調べてみました。

 

口コミで感動の声続出 青い池とは?

北海道の道北、美瑛町の「白金青い池」

アップル社の壁紙に採用され話題になり、今では北海道の絶景のひとつなり、多くの人が訪れる観光地になりました。

青い池は目的を持って造られた池ではなくて偶発的に人造池です。

青い池の写真をみると、池の中の枯れたカラマツや白樺が風情があって幻想的に見えますよね。

人造池に水が溜まる過程でカラマツや白樺は水没して枯れて残っています。

行ってみるとわかるのですが、まさかここが観光地になるなんてというところにあるのも神秘的です。

水面が青く見えることから、いつしか青い池と呼ばれるようになりました。

 

なぜ青い色に見えるのか?

 

  • 青い池の青色の秘密は「しらひげの滝」

 

どこ?

青い池から約3キロ離れた「しらひげの滝」はこんなところです。

白金温泉街からアルミニウムを含んだ水が「しらひげの滝」で、美瑛川の水と混ざり、目に見えないコロイド状という粒子が作られます。

コロイド状という粒子が太陽の光をまんべんなく散乱させて、青い光が目に届きやすいため水面が青く見えます。

実際に水は透明ですが、目には青い色がとてもきれい見えます。

美瑛川はブルーリバーとも呼ばれ、写真のようにサイダーのような青色が美しいです。

私はさわやかな青色のブルーリバーも好きです。

車で5分くらいなのでぜひ寄ってみてください。

青い池に行ったら白ひげの滝も行こう!一見の価値あり!

2020年8月7日

 

きれいな写真を撮るには?おすすめの時期は?

 

口コミから青い池をきれいに写真を撮れる条件を検証してみました。

  • 風がない日
  • よく晴れた日

 

光の反射で水面が青色に見えるので、天気がいい日の方がきれいです。

*曇りの日でも青く見えます。

 

人気観光スポットで混雑しているので人が少ない早朝がおすすめという口コミが何件かありました!

混雑が苦手な人は、駐車場の利用時間の開始に合わせて行くといいと思います。

 

口コミにもありましたが、冬は路面が凍るので足元に気をつけてくださいね。

 

ベストシーズンは?

 

春(雪溶け水が多く流れ込む時期):水面は青というより緑っぽいあざやかなグリーンブルー

 

夏(7月頃から):水面はライトブルー

 

:紅葉と青い池がきれいで紅葉好きにはたまらない

 

*秋冬の夜はライトアップされます

 

冬(12月頃から):真冬は池が凍結して白い池になります

 

*雪の降りはじめは、雪の白と池の青さがマッチして幻想的できれい

 

 

 

それぞれの季節に青い池のそれぞれの良さがあります。

だから何度も訪れたくなりますね!

私は雪の降り始めの青い池を見に行きたいです。

 

 

5月末に訪れたときのレビュー

写真だとこんなに青く見えるんでしょ!と思う人もいるかもしれませんが、肉眼で見ても本当に青いので感動するんですよね。

本当に不思議な青色の水面が神秘的です。

実際には水は透明なんて信じられないです。

5月末はライトブルーというよりグリーンブルーですね!

入り口の側面側の真ん中あたりで写真を撮ったのですが、この位置が水面の反射がきれいなので私は好きです。

池のいろいろな場所からぜひ写真を撮ってみてください。

 

iPhoneのカメラでもきれいに写真が撮れるので大丈夫です。

 

住所とアクセス

 


住所:上川郡美瑛町白金

問い合わせ:0166-94-3355

 

美瑛駅(約18km)

車:23分ほど

青い池に行く途中に、「北海道自然100選」にも選ばれた白樺街道をドライブできます。

こんな感じで美しい景色を車内から見ることができます。

窓ガラスが汚れてて申し訳ないですが(笑)、癒しのドライブ道路です。

 

駐車場と料金

 

駐車料金*2020年8月現在

二輪自動車   1台 200円

自動車(各種) 1台 500円

 

駐車場利用時間

5月〜10月 午前7時から午後7時まで

11月〜4月 午前8時30分から午後7時30分まで

 

最新情報は「公式サイト白金の青い池」でご確認ください。

 

ちょっと休憩に!道の駅びえい「白金ビルケ」

青の池の行く途中、または帰りには道の駅びえい「白金ビルケ」が便利です。

新しい道の駅なのですごくきれいでした。

売店では、オリジナルの青の池のおみやげを買うことができます。

名物は「BETWEEN THE BREAD」の美瑛町で採れた食材をふんだんに使用したハンバーガーが評判です。

出典:食べログ ビトウィーン ザ ブレッド

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

また次回!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

北海道にある人口たった1000人の自然豊かな村で生まれ、12才の時にカナダ留学し海外生活に憧れはじめる。30才手前にやっぱり海外に行きたいと思い5年勤めてた会社を辞め、オーストラリアとニュージーランドでワーホリを経験。フィリピン・オークランドに短期留学し、フィリピンの語学学校でインターン。 海外経験を通してコンパクトに生きることに興味を持った30代ミニマリストが、少ない労力で豊かに生きるための情報を配信中。 考察やイヤスミ大好きなので映画などの作品を紹介しています。