マニラからスービック(オロンガポ)ベストな行き方をまとめてみた

みなさん、こんにちはフィリピンに約10ヶ月ほど滞在していたSakpirka(サクピリカ)です。

マニラからスービック(Subic Bay Freeport Zone)またはオロンガポ(Olongapo)への簡単な移動手段をまとめました。

フィリピン滞在中はスービックとバギオにいたので、今日は私が実際に使ったベストだと思うマニラ→スービックのルートを紹介します。

 

スービックとオロンガポってどこ?

 

スービック(フリーポートゾーン)はどこにあるかというと、首都マニラがあるルソン島に位置している、海沿いの街です。

*スービックのフリーポートゾーン内への行き方を紹介しますが、スービックのバリオバレット方面へも行けます。

オロンガポはスービックの隣町です。

スービックはアジア最大のアメリカ海軍の基地として以前は使用されていましたが、今は大統領直轄の経済特区(Subic Bay Freeport Zone)です。

観客は少ないリゾートで、日本からの観光客もあまり見かけたことはありません。

Subic Bay Freeport Zoneは管理体制が厳しいので、フィリピンでも有数の治安の良い街です。

スービックおすすめ観光地はこちらから!

【5分でわかる】スービック観光おすすめスポット3選!治安はいい?

2020年3月28日

 

バスで行こう!

マニラ空港から

P2P(Premium Point to Point Bus)という高速バスを使うと便利です。

マニラ空港→クラーク空港で乗り換え、クラーク空港→スービック・オロンガポのルートです。

P2Pバスはターミナル3のみ乗車可能です。

ターミナル1と2から乗れないので、シャトルバスまたはタクシーでターミナル3まで移動しましょう!

タクシーには注意してくださいね!

【マニラでタクシー2回もぼったくりに】安全なのはGrabタクシー決まり?

2020年3月27日

ターミナル3の乗り場は、到着エリアの柱にBay 14と書いてあるところです。

バスは、Ortigas(オルティガス)、SMクラークを経由します。

時刻表(2020年)

料金表(2020年)

クラーク空港の出国ゲートの前で下車します。

そして、クラーク空港からP2Pバスを乗り換えて、スービックのHarbour Point(ハーバーポイントショッピングモール)、オロンガポバスターミナルを目指します。

時刻表と料金表(2020年)

料金は200ペソで、朝3時から夜10時までの間にバスが出ています。

時間帯によってバスがないのでご注意ください。

まず、スービックのHarbour Point(ハーバーポイントショッピングモール)に着き、その後オロンガポバスターミナルに到着します。

所要時間は渋滞によって左右されますが、計5時間ほどです。(乗り換えの時間を含めて)

サクピリカ

フィリピンのバスの中は冷房が効いるので、寒さに弱い人は上着を持って乗ると良いと思います。

料金はバスに乗ってから、車内でスタッフが回ってくるのでその時に払います。

 

マニラ市内から

Victory Liner(ビクトリーライナー)でオロンガポ→スービックと移動します。

私はよくPasay(パサイ)のバスターミナルを使いますので、パサイからのバスを案内します。

*乗車時間変動があるので、Webサイトからご確認ください。

午前1時30分、3時から21時30分までは30分または1時間おきにバスがあります。

料金(経由する場所によって料金が違います)

Via Fare (PHP)
DAU-SCTEX 296
SAN FERNANDO 237

オロンガポのバスターミナルに到着したら、スービック(Freeport Zone)へ向かいます。

所要時間は渋滞によって左右されますが、6-7時間ほどです。

途中一回トイレ休憩の時間があります。

 

○ジプニー

SMショッピングモール(ダウンタウン)9ペソで行けます。

*SMセントラルもあるのでご注意ください。

スービックのハーバーポイントまで徒歩でゲートを渡ってください。

*SMショッピングモール(ダウンタウン)からハーバポイントへのゲートです。

○トライシクル

30ペソほどでSMショッピングモール(ダウンタウン)まで行けます。

○徒歩

20分弱かかります。

 

その他:タクシーと水上飛行機

タクシー

マニラからはだいたい5000ペソくらいが相場だと思います。

料金は運転手さんとの交渉次第です。

 

水上飛行機

マニラ・スービック間をSeaplaneでいけるという話を長く現地に住んでいる方から聞きました。

なんと20分程度での移動が可能に!

高いんでしょう?

はい、5000ペソと聞きました。。。

でも、20分は魅力的ですね!!確かに地図で見ると海渡ると近いですよね。

予約はこちらから!

*Covid 19のために現在は予約できません。(2020年3月)

 

まとめ

 

私は、行きは日中に出かけるのでビクトリーライナーのバスを使い、帰りは夜遅いこともあるので早く着くためにP2Pバスを使うことが多いです。

フィリピンは長距離移動しても料金が安いですよね?

マニラ・スービック間は金額と時間で、バスでの移動がおすすめです!

それでは次回お会いしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

北海道にある人口たった1000人の自然豊かな村で生まれ育ち、12才の時に村の交流で2週間カナダ・バンフを訪れ、そこから海外生活に憧れはじめる。30才手前にやっぱり海外に行きたいと思い5年勤めてた会社を辞め、オーストラリアワーホリを始める。オーストラリアワーホリ2年とニュージーランド ワーホリ1年と フィリピン・オークランドにも短期留学し、フィリピンの語学学校にて日本人学生マネージャーを担当。ワーホリブログを読むのが好きだったけど、当時は読みたい情報を見つけるのに苦労しました。私が当時こんな記事があったら役立つのになーと思っていたことを発信していきたいです。海外生活や旅行、英語や気になることをブログにしたいと思います。日本では美容部員だったので大好きなコスメについても書きていきます。