小清水町のリリーパーク観光にはカートが本当に便利だった

 

こんにちは、北海道観光が大好きなSakpirka(サクピリカ)です。

北海道の小清水町といえば原生花園ですが、7月中旬から9月上旬の約2ヶ月間世界のゆり100品種が咲く「リリーパーク」も見どころです。

園内でカートに乗ったときに、運転手さんおすすめの写真スポットで撮影した写真を公開したいと思います。

入場料や開園時期(2020年)もまとめました。

 

ゆりの郷こしみず リリーパークとは?

「ゆりのまち」として知られる小清水町の観光名所です。

13ヘクタールの広大な丘陵地(東京ドーム約2.8個分の広さ)100品種700万輪が裁植され、世界のさまざまなユリが色鮮やかに咲きます。

赤いゆりは鮮やかでキレイですね!

 

入園料と開園時間

 

入園料

大人(中学生以上) 600円(税込)

*15人以上はひとり500円

 

開園時間

2020年スケジュール


7月18日~8月下旬 午前9時~午後5時


8月下旬〜9月上旬 午前9時~午後4時


※開花時期によって変更される場合があります

上記以外の時期は、ゆり以外の花をみることができて入場料は時期により変わります。

 

住所と問い合わせ先

 

住所

北海道斜里郡小清水町元町2丁目643番地2号

女満別空港から車で約40分ほどかかります。

 

問い合わせ先


(有)シナジーこしみず

電話 0152-62-2903 

*開花の状況など問い合わせすることができます。

 

観光にはカートが便利

出典:リリーパーク公式サイト

地図で見るとそんなに大きく見えないのですが、東京ドーム約2.8個分の広さなので歩きで見て回るとなかなか疲れます。

傾斜がある道を歩くので、歩きやすい靴で行くのがおすすめです。

私が訪れたときは暑すぎて、とても歩けずにカート(運転手付き)に乗りました。

写真で見ても結構傾斜がありますよね。

カートは大人ひとり500円(中学生以下は300円)でした。

カートは3列になっているので運転手を除いて5人は乗れると思います。

運転手さんがゆりの種類について詳しく説明しながら、楽しくゆりを見ることができます。

人数に合わせて、いろいろな角度で写真を撮ってくれました!笑

おすすめの写真スポットで降りて、運転手さんがカメラマンになってたくさん写真を撮ってくれます。

いい写真が撮れて満足です!

だいたい30分くらいカートに乗って園内を回りました。

入場料とカート代を考えると、リリーパークはじっくり楽しむといいなと思います。

8月上旬に訪れたのですが、かなりの種類のゆりが咲いていてキレイで、香りも甘くて癒しの時間を楽しむことができました。

暑い日は熱中症にお気をつけください。

 

2カ所の売店(地図に記載あります)でゆりのソフトクリーム買うことができます。

ゆり感?はあまりわからなかったのですが、個人的には富良野のランベンダーソフトクリームよりいけてます。

(個人的には東藻琴(ひがしもこと)の芝桜ソフトクリームがおいしいです。)

 

また駐車場の横にあるリリーショップで、ゆり鉢物・切花・リリーガーデンの宿根草などを買うことができます。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

また次回!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

北海道にある人口たった1000人の自然豊かな村で生まれ、12才の時にカナダ留学し海外生活に憧れはじめる。30才手前にやっぱり海外に行きたいと思い5年勤めてた会社を辞め、オーストラリアとニュージーランドでワーホリを経験。フィリピン・オークランドに短期留学し、フィリピンの語学学校でインターン。 海外経験を通してコンパクトに生きることに興味を持った30代ミニマリストが、少ない労力で豊かに生きるための情報を配信中。 考察やイヤスミ大好きなので映画などの作品を紹介しています。