【ワーホリ前】フィリピン留学をおすすめする3つの理由!失敗したくないあなたへ

こんにちは、ワーホリと留学についてブログを書いているSakpirka(サクピリカ)です。

なんでワーホリ前にフィリピン留学が必要なのか?

または、ワーホリ前にフィリピン留学をすすめるのはなぜなのか?

 

サクピリカ

すべてはワーホリ中の失敗のリスクを減らすためです!!

例えば、

英語があまり話せないと仕事が見つかりにくい

   ↓

ローカルジョブ(英語環境)をゲットしたかったのに厳しい現実

   ↓

日本食レストランなどほとんど日本語環境の仕事しか見つからない

   ↓

あれ?日本で働いているのと同じような気がする

   ↓

なんでワーホリにきたんだっけ?

 

または、、、

英語わからないよー、現地の友達ができない

   ↓

楽だから日本人とばかりつるんじゃう

   ↓

あれ?日本にいるのと同じような気がする

     ↓  

    なんでワーホリにきたんだっけ?

 

せっかくワーホリに行ったのに日本のコミニュティーから抜け出せないということを防ぐために、フィリピン留学で英語を話すことへのハードルを下げて、実践で英語を使う準備をしましょう!

*すでに中級レベルの人は、ワーホリに行って英語を実践で使って磨いていきましょう!

 

サクピリカ

私はフィリピン留学自体を知らなかったので、ワーホリ前にフィリピン留学の選択肢がなかったです。無知って怖いですね。。。

もしオーストラリアにワーホリに行く前にフィリピン留学の存在を知っていたら、フィリピン留学2ヶ月・オーストラリアの語学学校は2ヶ月で通いたかったです。

私はオーストラリアの語学学校に4ヶ月通い、ワーホリ後にフィリピン留学をしています。

 

それでは、フィリピン留学おすすめの理由3つを見てみましょう!

 

破格の安さで留学ができて、勉強だけに集中できる環境!

フィリピン留学ではほとんどの学校に寮があり、学校の敷地内に住むことが多いです。

食事(土日もご飯がでます)・洗濯・掃除もすべて学校が提供してくれるので、時間を無駄にすることなく勉強だけに集中することができます。

朝起きて食堂に行ってご飯を食べて、教室に行くところまでがすべて学校の敷地内で完結します。

私がインターンでいたスービックの語学学校でも、私の部屋から教室までは徒歩1分です!本当に便利ですね。通学時間の節約ですね!

私がフィリピンのバギオで2カ月間留学した時の授業料(スパルタコース:1日11時間授業)と部屋代(6人部屋)は、約26万円でした。1カ月で13万円くらいでした。(2016年留学時の値段です)

2019年度の値段はこちらの記事からご確認ください。

【フィリピン留学体験バギオ編】スパルタコース2ヶ月英語話せるようになるのか?費用はどのくらいかかるの?

2019年7月7日

家賃と食事も込みで13万円はすごいコスパだと思います。

現地で教科書代や電気料やビザの申請代金が別途かかります。(約3万円ちょっとくらいだった記憶があります。そこにはデポジットも含まれていて、卒業するときに何もなければ返金となります。)あとは飛行機のチケットと海外保険(3カ月未満の留学だとクレジットカード付帯を使うとお金はかかりませんね。)を合わせて、2カ月だと約35万円ほどで留学ができました!

地域によって授業料や生活費は異なりますが、オーストラリアやニュージーランドなどで留学するよりもかなり格安です!

 

英語を話すことのハードルを下げよう!

英語を一日中聞いて話すことは、慣れていないととてもストレスになります。

脳がすごーく疲れます。笑

ワーホリ前に日本で英語を話す機会に恵まれている人は少ないと思います。

ほとんどの方が英語を話すことに慣れてなくて、自分の英語が通じるとどうか分からなくて自信がないと思います。

フィリピン留学で英語圏に行く前に英語環境に自分を慣らしておきましょう。

 

サクピリカ

ワーホリ1年、バギオ2ヶ月留学を終えた直後、TOEICを受験しました。

結果は、805点で英語力は上がっていました。

日本で仕事を辞めた直後は、300点台でした。

バギオではTOEICの勉強は一切していなかったですが、Speaking・Listening・Reading・Writingをバランスよく勉強することができて総合的に点数が上がりました。

フィピリン留学では4技能ともにバランス良く鍛えられるので良いと思います。

 

私がワーホリ前にフィリピン留学のおすすめする期間は2−3ヶ月です。

おすすめ期間について詳しくは以下の記事に書いてみました!

ワーホリ前のフィリピン留学って有効なの?英語圏留学との違いを比べてみた

2019年6月22日

 

ローカルジョブにつける確率が上がる!

日本食レストランやファームジョブは求人がたくさんあるので、ワーホリで初めてつく仕事としてて働きやすいです。

初めのステップして良いと思いますし、ファームはセカンドビザ(オーストラリアの場合:ワーホリ2年目)を申請するために必要です。

それぞれ目的はあると思いますが、英語環境が目的でワーホリにきた方も多いと思います。

オーストラリア人や多国籍な職場で、英語力を活かした仕事につくことが憧れだと思います。私もそうでした。

英語を使う仕事は当然ですが、運だけでは難しくて、仕事に見合う英語力が必要です。

英語ができればできるほど選択肢が広がるので、ワーホリ前に頑張りましょう!自分のために!

サクピリカ

ワーホリを途中でやめて、フィリピン留学にくる人もいます。

ワーホリのビザは一生に1度のビザなので、途中終わってしまうのでもったいないと思います。

ワーホリが失敗だったという人の多くは、日本語環境に抜け出せなくなってしまった人です。

 

まとめ

フィリピン留学関連の記事をインターネットで見ていると、治安がよくないし、実は英語力が伸びないなんて書かれてたりします。こんな記事を見たら、フィリピン留学に行く気がなくなってしまいますよね。

フィリピン留学に関しては、興味がありましたら他の記事も読んでみてください。

みなさんフィリピン留学とワーホリが上手くいきますように!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

北海道にある人口たった1000人の自然豊かな村で生まれ育ち、12才の時に村の交流で2週間カナダ・バンフを訪れ、そこから海外生活に憧れはじめる。30才手前にやっぱり海外に行きたいと思い5年勤めてた会社を辞め、オーストラリアワーホリを始める。オーストラリアワーホリ2年とニュージーランド ワーホリ1年と フィリピン・オークランドにも短期留学し、現在はフィリピンの語学学校にて日本人学生マネージャーを担当。ワーホリブログを読むのが好きだったけど、当時は読みたい情報を見つけるのに苦労しました。私が当時こんな記事があったら役立つのになーと思っていたことを発信していきたいです。海外生活や旅行、英語や気になることいろいろ、そんなブログにしたいと思います。