自己啓発本は意味ない!何冊読んでも救われないよ

 

自己啓発本にハマって何冊か読んでいます。

意味ないって聞いて不安になって、、、

自己啓発本は意味ないって本当?

 

 

 

サクピリカ

人生や自分を変えたくて自己啓発本を何冊読んで救われないよ。

読み漁ってるだけだと何も変わらないです。

 

 

自己啓発本はなぜ意味ないと言われるのか?

 

  • 良書を見分けるのが難しくなった

 

近年、個人が出版することへのハードルが下がり自己出版する人が増えました。

それによって、自分の著書からセミナーへの勧誘や高い教材の売り込み合戦が始まりました。

本には本質的な部分を書かずにただの著者の紹介になり、詳しくは教材・セミナーやサロンなどへ誘導する場合があります。

この場合は注意が必要です。

本に中身はなく、著者の目的は教材やセミナーへの窓口です。

 

1人の作者が何冊も本を出版しているけど、言ってることは同じみたいなこともあります。

そういった本にすがって著者みたいになりたいとセミナーに行ってもいつまでも救われません。

著者のファンになることは悪いことではないですが、本当に必要なのか?甘い言葉(必ず誰でも儲かる、人生が変わる)で誘われていませんか?

 

 

自己啓発本の中にも良書もあります。

全部が意味がないと否定しているわけではありません。

 

  • 自己啓発本のはしごをしていませんか?

 

次から次へと自己啓発本を読み、そんな自分に満足して変わった気になっていませんか?

 

読みっぱなしは危険です。

 

1冊本を読んだら、その本のどのくらい覚えていますか?

最近読んだ本の内容を思い出してみてください。

本当になるほど!って思った印象的な部分しか覚えてないんですよね。。。

 

お気に入りの本ではどうですか?

友達にそのお気に入りの本の内容を簡単に話してみるとすると、結構語れそうですか?

それなら少しはできそう、、、または曖昧に思い出せるような??

 

読んだだけでは、残念ながら理解できていないんですよね。

 

そもそも著者が何を言いたいかわからない、または意図を読み取れないってこともありますよね。

 

  • 行動できない 

 

自己啓発本を読むときって何か変わりたいって思うときが多いと思います。

 

本を選ぶとき、タイトルや帯のキャッチコピーに惹かれて「よし、読もう」というモチベーションや期待がありますよね。

 

成功者の本を読んで、

そもそもスキルやスペックが違いすぎてマネできない。

天才って存在するんですよね。

ありふれた話じゃない少数派だから本になり有名になっていますよね。

 

成功者の本は参考になったが、

でも実践はできない。

その人はうまくいったけど私がうまくいくとは限りません。

 

自己啓発本は成果が見えにくい

例えば、料理のレシピの本を購入したとします。

料理のレシピの本→実際にレシピ通り作ってみる→レパートリーが増え、料理が上手くなる

実践しやすいし、目に見えて成果がわかりやすいです。

 

まず、セオリー=マネですが、

これであなたも稼げる

あなたの悪習慣を変える

というタイトルの本があったとします。

 

実践することができでも、少しずつ成果を出していく長いスパンで考える必要があります。

 

本を読んだ人が100人

理解して実践する人がそのうち10人 

継続する人がそのうち1人

自己啓発本を活かすのは簡単ではないです。

 

自己啓発本から学べることはあります。

その中で自分だったらと考えて、どう使っていけばいいのかと自分の成功スタイルに落とし込むという作業が必要です。

1回挫折したりだめだっただけで終わりじゃないです。

 

エラー&トライです。

 

即効性はなくて持続力、人ってすぐには変わらない。

 

 

変わりたいと思っても救ってくれるのは本じゃない

 

本に頼っても救われないんです。

自己啓発本で救い求めやすいんだよね。

本を読んだだけじゃ変わらないんです。

本はあなたが変わるきっかけにしかならないです。

 

良書はありますが、選び方が大事です。

 

作者のプロフィールを見てみよう

どんな人が書いているのか?

 

自分には役に立ちそうか?

より自分のしたいこと近い本を選んでみましょう。

タイトルでなんとなく本を選ばない方がいいです。

 

 

本読むの面倒だわ。

できる気がしないのでもうやめます。

 

 

サクピリカ

新しいことはどうやって学びますか?

今だとYoutubeで教えてくれるのでいいかもしれません。

 

でもね、今見てるYoutuberの人ってどうやって勉強して知識を身につけたんだろう?

経験だけで話していますか?

本でしょうね!

その方、読者家だったりしませんか?

基本、本なんですよね。

遠回りのようで近道!

 

 

たくさんの本に出会いましょう。

 

出会う本のすべてが良書ではないのは当たり前です。

 

 

隅々から読まなくていい。

その代わりクリーンヒットしたら何度も読み返そう。

質を上げよう。

役に立たせる努力が必要です。

 

自分の発想力と想像力が大切になってきますね。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

また次回!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

北海道にある人口たった1000人の自然豊かな村で生まれ、12才の時にカナダ留学し海外生活に憧れはじめる。30才手前にやっぱり海外に行きたいと思い5年勤めてた会社を辞め、オーストラリアとニュージーランドでワーホリを経験。フィリピン・オークランドに短期留学し、フィリピンの語学学校でインターン。 海外経験を通してコンパクトに生きることに興味を持った30代ミニマリストが、少ない労力で豊かに生きるための情報を配信中。 考察やイヤスミ大好きなので映画などの作品を紹介しています。