あなたにぴったりなトリロジーのクレンジングはどれ?【口コミから分析してみた】

 

こんにちは、トリロジーのローズヒップオイル愛用中のSakpirka(サクピリカ)です。

 

トリロジーといえば人気の「ローズヒップオイル」を思い浮かべる人が多いと思いますが、クレンジングも種類がいろいろあって魅力的です。

 

サクピリカ

留学・旅行・ワーホリでニュージーランドに滞在する機会が多くあり、ドラックストア巡りで見つけたシンプルなデザインのパッケージのトリロジー(Trilogy)に興味を持ちました。

30代になって敏感になったり乾燥しやすくなった肌でも使えるやさしいスキンケアを見つけたと思いました。

 

定番はクレンジングクリームですが、その他にもトリロジーからいろいろなタイプのクレンジングが発売されてます。

クレンジングオイル、ベリージェントルクレンジングクリーム、アクティブクレンジングクリームなど4種類について書きました。

  • それぞれのクレンジングの特徴
  • どんな人におすすめか

 

トリロジーのクレンジングの共通の特徴

W洗顔がいらない

とても楽にお手入れできます。

 

クレンジングのタイプを選ぶときの参考にしてみてください。

 

トリロジー クレンジング クリーム

出典:トリロジーNZ公式サイト

どんな商品?

トリロジー定番のクレンジング!

ローズヒップオイルを贅沢にたっぷりと使っていて、アーモンドオイル配合で肌の水分レベルを調節してくれます。

メイクや汚れを落としながら、肌を柔らかく滑らかに整え、リフレッシュさせてくれます。

W洗顔不要なので夜はこれ1本でお手入れできます。

メイクをしていない朝も使うことができます。

 

使い方

適量を手に取り(ポンプだったら3~4プッシュほど)、湿った顔にやさしくマッサージしながら馴染ませて、テッシュで拭き取ったり、ぬるま湯で洗い流してください。

朝晩のクレンジングに使えます。

ニュージーランドの公式サイトには、首やデコルテに馴染ませて使用できると書いてあります。

また、クリームをなじませた後にタオルで拭き取るのをお勧めしていました。

*目元や口元のメイクはポイントメイク落としを別で使うのがおすすめです。

 

価格

100ml(チューブタイプ)2,970円(税込)/NZD 25.99 (2020年6月)

200ml(ポンプタイプ) 5,060円(税込)/NZD 45.99 (2020年6月)(朝夜の使用で約1ヶ月半)

 

口コミのまとめ

良い口コミ

オイルベースなので洗い上がりがしっとりモチモチになる

リッチな使い心地なので乾燥肌におすすめ

朝用の洗顔として使うと、乾燥しにくいので優秀!

 

悪い口コミ

目元のポイントメイクは落ちにくい

クリームクレンジングですっきりポイントメイクを落とすのは難しいと思います。

 

しっかりつけたベースメイクは落としにくい

クリームファンデ、コンシーラー、パウダーファンデ、おしろいでしっかり仕上げたベースメイクを落とすには洗浄力不足かもしれません。

 

ファンデーションのメイク落ちを検証してみましたので、興味がありましたらどうぞ!

*ナチュラルなベースメイクは落とすことができました。

リキッドとパウダーファンデーションで実験してみました。

どんな人におすすめか?

トリロジーのクレンジングクリームは、休日にマッサージしながら丁寧に肌のお手入れをするのにおすすめです。

お手入れの時間が取れる日にリラックスして、リッチな使い心地がゆっくりマッサージするのに向いていて、肌のふっくらさと柔らさを感じることができます。

肌が乾燥しやすい人は、しっとりした洗い上がりなので朝の洗顔にもおすすめです。

 

トリロジー クレンジング オイル

出典:トリロジーNZ公式サイト

どんな商品?

ニュージーランドで2019年Best in Beauty賞を受賞しています。

ローズヒップオイル、スウィートアーモンドオイル、パパイヤシードオイルなどを配合した植物性オイルたっぷりのクレンジングオイル。

肌を柔らかく整えて、乾燥を防ぎながらメイクをスピーディにオフします。

こちらのクレンジングはポイントメイクも◎

W洗顔不要で、洗う度なめらかな肌へ導きます。

 

使い方

3~4プッシュを手のひらにとって、乾いた肌にのせて優しくマッサージします。

すすぎ残しがないようにぬるま湯で洗い流します。

W洗顔は不要で、メイクをしていない朝の洗顔にも使えます。

 

価格

110ml (ポンプタイプ) 4,180円(税込)/NZD 34.99 (2020年6月)(朝夜の使用で約1ヶ月)

 

口コミのまとめ

良い口コミ

○肌に優しい成分なのに目元のメイクもするりと綺麗に落としてくれる

○しっかり化粧は落としてくれるけど皮脂を落としすぎない感じ

○乾燥肌でも洗い上がりつっぱらずしっとりしている

 

悪い口コミ

○オイルが合わなかったのかニキビが、、、

植物性のオイルなので合わないこともあるかもしれません。

 

*悪い口コミが少なかったです。

 

サクピリカ

口コミできちんと落ちているか不安で、拭き取り化粧水で拭いてメイク残りないがチェックしている人がいました。

良くメイクが落ちて、優秀という評価でした!

敏感肌用のクレンジングは私も同じことをします。笑

どんな人におすすめか?

クレンジングオイルはポイントメイクをスルッと落としてくれるところが人気でした。

W洗顔不要なので時短したい人にもおすすめです。

植物系のオイルで肌を優しくクレンジングしてくれて、洗い上がりはつっぱらずにしっとりします。

ニュージーランドでも人気みたいですが、日本の口コミでも評価は良かったです。

 

トリロジー ベリージェントル クレンジングクリーム

出典:トリロジーNZ公式サイト

どんな商品?

まるでコールドクリームのようなこっくりと濃厚なクレンジングクリーム

シリカルムやグリーンティーなどの成分が、消炎効果で肌を落ち着かせてくれて敏感な肌をいたわります。

アーモンドオイルやアボカドオイルなどの保湿成分が、肌を柔らかく保湿しながらメイク汚れを落とします。
 
*無香料

 

使い方

4~6プッシュの量を手にとって、汚れを浮き上がらせるように優しくマッサージしてください。

ぬるま湯で洗い流すか、濡れたコットンやタオルで優しく拭き取ってください。

W洗顔は不要です。

 

価格

200ml (ポンプタイプ) 5,940円(税込)/NZD 46.99 (2020年6月)(朝夜の使用で約1ヶ月)

 

口コミのまとめ

良い口コミ

○とても低刺激で、優しい洗浄力

○しっかりとしたコクのあるクレンジングクリーム

○肌が乾燥しやすい人は、朝の洗顔に使うとしっとり潤う

 

悪い口コミ

○高い割には全くメイクが落ちない

評価が高くなかったポイントは、ファンデが落ちないというところです。

オーガニックやミネラルファンデとは口コミを読むと相性が良さそうです。

 

どんな人におすすめか?

とても低刺激なので、敏感肌の人におすすめです。

しかし、クレンジング力はイマイチなので、朝の洗顔に使ったり、メイクをしていない夜の洗顔に使うとマッサージしながら保湿もできて良いと思います。

口コミの中には、普段石けんで落ちるメイクや敏感でほとんどメイクをできない人の中には、今までこんなぴったりなクレンジングない!っていう人もいたので、超敏感肌用のクレンジングなのかもれないです。

 

トリロジー アクティブ クレンジングクリーム

出典:トリロジーNZ公式サイト

どんな商品?

スウィートアーモンドオイルやパパイヤシードオイルなどの酵素の力で、不純物を取り除きながら、ムースの様な質感でくすみがちな肌を優しく洗い上げてくれます。

W洗顔は不要のクリームクレンジングで、ローズヒップオイルも配合されています。

 

使い方

手のひらに適量とり、少量の水を含ませてやさしくマッサージした後、ぬるま湯ですすぎます。

NZの公式サイトで、3−5分お肌にのせて角質ケアができると書いていました。

*お肌と相談しながら試してみてください。

 

価格

200ml(ポンプタイプ) 6,380円(税込)/NZD 49.99 (2020年6月)(朝夜の使用で約1ヶ月半)

 

口コミのまとめ

良い口コミ

○フルーツ酸で角質ケアできるのに肌にやさしい

○泡立てても使えるという優れもの

○肌がつっぱらずに潤って、つるりんとした洗い上がり

 

悪い口コミ

○メイク落ちがイマイチですが、だいたいは落としてくれます

メイクの落ちについては口コミではイマイチなようです。

 

どんな人におすすめか?

肌にやさしい角質ケアができる洗顔を探している人におすすめです。

メイクの洗浄力はジェントルクレンジングクリームよりはあると思いますが、しっかりしたファンデは微妙だと思います。

角質ケアができて肌がつっぱらないでつるんとした仕上がりになるのがいいところなので、メイクしない日の贅沢洗顔にもいいかなと思います。

 

まとめ

 

仕上がりが肌をやさしくしっとり仕上げてくれるのがトリロジーのクレンジングの全体的な特徴だと思います。

 

サクピリカ

初めてトリロジーのクレンジングを試すのであれば、

クリームクレンジング

オイルクレンジング

おすすめです。

 

クリームクレンジング

クリームが固すぎずやわすぎず、リッチな使い心地でマッサージしやすいです。

洗い上がりは肌の柔らかさを感じます。

しっとりした仕上がりなので、肌の乾燥に悩んでいる人も試しやすいです。

 

オイルクレンジング

肌にやさしいクレンジングにありがちなメイク落ちがイマイチということがなく、目元のポイントメイクも負担をかけずに落としてくれます。

石油系オイルじゃなくて植物系オイルでクレンジングを探している人にもおすすめです。

つっぱらないオイルクレンジングを探している人にも試しやすい肌がつっぱらないしっとりとした仕上がりです。

 

トリロジーのクレンジングは全体的に値段が高いですが、W洗顔不要なのでコスパは悪くはないなーと思います。

 

トリロジー購入方法

ニュージーランド

ユニチャームなどの薬局で買うことができます。

お得な限定セットが売っていることがあります!

クリスマスシーズンに限定セットが多くて発売されて、クリスマス後は売れ残った(!?)セットを少し安く買うことができます。

 

日本

トリロジー日本公式サイト

正規輸入品なので安心して購入できますが価格は高いです。

\\さっそく商品をチェック//

 

コスメキッチンの店舗やオンラインストア

*価格は公式サイトと同じです。

通販でもいろいろな商品の取り扱いがあり、送料は5千円以上で無料です。

\\商品をチェック//

 

海外コスメのオンラインショップ

最安値にこだわるのであれば、海外コスメのオンラインストアがおすすめです。

\\さっそく商品をチェック//

べティーズビューティー

 

初めてべティーズビューティーを使うときの登録手順を書いたので興味がありましたら参考にしてみてください。

 

トリロジーを安くお得に購入したい人はこちらからどうぞ!

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

 

Amazonや楽天

*クレンジングに関してはあまり品揃えがなかったです。

 

  

 

 

 

さいごに

 

クレンジングバームは廃盤になったようで、ニュージーランドの公式サイトに掲載がありませんでした。

クレンジングバームの評価が高くて使ってみたかったので残念です。

 

クリームクレンジングは使ったことがありますが、オイルも口コミがとても良かったので気になりますね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

また次回!

Sponsored Links